浄土真宗本願寺派大田西組西楽寺のホームページへようこそ!

反対の法則

仏教では、私たちが自分中心の我執(とらわれ)の中に生きることを迷いといい、その迷いは、「闇」にたとえられます。そして、その闇は仏さまの智慧の光(光明)よって破られるのです。

今、このHPをふと省みるとき、智慧の光によって闇(迷い)が明らかになると、そこには「反対の法則」がある。そんな気がして、その法則の事例を思いつくままに 並べてみました

法則 011   願いをきく  (最新版)

手を合わせる(仏さまに お参りする)ときは、 (自分の)願いごとを かける のではなく、(仏さまの)願いを きく ことでした。

(ひらがな法話 「手を合わせて 請求書」へ) 解説

 

法則 001  迷っていない?

「迷っていない」というその人が、実は「迷っている」のでした。

 

(人生ナビ 「迷いの語源」へ) 解説

 

 

法則 002  アタリマエ

「あたりまえ」だと思っていたことが、ることがしい…「有難い」ことでした。

 

(人生の栞 「絶対 夫婦ゲンカをしなくなる方法 (Ⅰ)へ) 解説

 

 

法則 003  誕生日ありがとう

誕生日は、「おめでとう」と祝ってもらう日ではなく、「ありがとう」とお礼をいう日でした。

 

(「今日が誕生日の方」へ) 解説

 

 

法則 004  たまたま生きる

たまたま死んで、必ず生きている のではなく、必ず死ぬいのちを、たまたま 生かされている のでした。

 

(ひらがな法話 「五七日のたより」 へ) 解説

 

法則 005  お金の儲かるのは

「お金のもうかる印鑑」を買って、ホントに儲かるのは、印鑑を買った人たちではなく、印鑑を売った方でした…。

 

(人生の栞 「お金のもうかる印鑑」 へ) 解説

 

法則 006  いい日・悪い日

大安・友引…など、日が好いとか悪いとかがあるといいますが、実は いい日・悪い日は、その人が何をしたかで決まるのであって、はじめから好い日悪い日があるのではありません。

 

(住職ノート 「徒然草にきく」 へ) 解説

法則 007  死んだ人の心配?

仏事は、死んだ者のために、亡き方のことを心配してつとめるのではなく、故人に心配をかけるような私を知らせてもらうご縁でした。

 

(仏事のこころ>仏事は亡き方のため(心配)? へ) 解説

 

法則 008  シンジテマス

「信じています」と 言えば、それは 「疑っています」ということでした。

 

(ひらがな法話 疑わしいので、「信じます」 へ) 解説

 

法則 009  迷惑かけて

他人に迷惑をかけないように生きてきたツモリでしたが、それどころか、「他人に迷惑をかけなければ、生きていけない自分」でした。

 

( スッタ問答 「宗教は人間にとって必要なの?」 へ) 解説

 

法則 010  アテにする

アテにならない不確かなものを アテにして暮らし、本当に確かな 間違いのないものから、遠ざかろうとしている私でした。

解説 ⇒ ひらがな法話 「人生砂漠の案内人」

( ひらがな法話 「人生砂漠の案内人」 へ) 解説

 

このほかにも、まだまだ 智慧の光に照らされて発見する「法則」はたくさんありそうです。
このHPをご覧のみなさまからの 発見報告 もお待ちしてます。

採用分に関しては、日日あらたにオリジナルHPステッカー進呈します。

発見報告メールは こちらへ

浄土真宗 本願寺派 TEL 温泉津・西楽寺 待ってます

Copyright (C) BC463. Shakyamuni Buddha  All rights free
当サイトは お釈迦さまの教えに基づいた内容につき 転載自由
(著作権はお釈迦さまですが、転載されるときは、ひとことご連絡くださると 有難いです)

PAGETOP
Copyright © 人生ナビ 日日あらたに All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.