人生の栞


「お金のもうかる印鑑(ハンコ)はいかがですか?」

こんな歌い文句で、印鑑のセールスが ある会社にやってきました。

何万円もする高額の印鑑の話ですから、社内の人たちは
「あほらしい」、「ウソでしょ」
と疑って相手にしませんでした。

しかし、そのうち
「あなたは、一生懸命がんばっているのに、出世しないのは印鑑が悪いからです」
とか
「貴方は 自分の仕事がそれ程に評価されていませんね。印鑑を変えたら、運が開けますよ」
などと、くすぐられますと

「そうだよなぁ、こんなに ちゃんと仕事してるのに、認められない理由は
他に考えられない…。そうか 印鑑か…。」(つまり、自分の反省を置き去り。)

というわけで、その会社では たくさんの社員が その印鑑を買い求めたそうです。

で、その結果は如何に?

ハイ。とても お金がもうかったそうですよ!
だだし、大金を得たのは印鑑を買った社員たちではなく、印鑑を売った方でしたが…。

  人生の栞(もくじへ)

(「反対の法則 005 から きた場合) 前画面にもどる

(バリアフリーウェイ「無碍の一道」からきた場合)   前画面にもどる