言  の  葉

     「小さい勇気をこそ」 東井義雄

人生の大嵐がやってきたとき
それがへっちゃらで乗りこえられるような
大きい勇気もほしいにはほしいが
わたしは
小さい勇気をこそ ほしい

私のたいせつな仕事を後まわしにさせ、
忘れようとする小さい悪魔が
テレビのスリルドラマや漫画に化けて
わたしを誘惑するとき
すぐそれがやっつけられるくらいの
小さい勇気でいいから
わたしはそれがほしい

もう五分くらいねていたっていいじゃないか、
けさは寒いんだよと
あたたかい寝床の中にひそみこんで
わたしにささやきかける小さい悪魔を
すぐやっつけてしまえるくらいの
小さい勇気をこそほしい

明日があるじゃないか
明日やればいいじゃないか
今夜は もう寝ろよ と
机の下からささやきかける小さい悪魔を
すぐ やっつけてしまえるくらいの
小さい勇気こそほしい

紙くずがおちているのを見つけたときは
気がつかなかったというふりをして
さっさと行っちまえよ
かぜひきの鼻紙かもしれないよ
不潔じゃないかと呼びかける
小さい悪魔を
すぐやっつけてしまえるくらいの
小さい勇気をこそ わたしは ほしい

どんな苦難ものりきれる
大きい勇気もほしいにはほしいが
毎日 小出しにして使える
小さい勇気でいいから
それが
わたしは たくさんほしい

それに
そういう小さい勇気を軽べつしていては
いざというときの
大きい勇気も
つかめないのではないだろうか。

東井義雄先生の詩です。
かなり 長めですが、あえて 全文掲載させていただきました。

この「小さい勇気」は、2003年、 日日あらたに (ONSAI)のテーマである、「ちょっとだけ」
に通じるものと思いました。

住職ノート 「ちょっとだけよ」 へ

言の葉(もくじへ)