言  の  葉

一向宗(浄土真宗)の門徒は、
弥陀一仏を信ずること専らにして 他の仏神を信ぜず、
いかなることありても祈祷などすることなく、
病苦ありても呪術・お守りをもちいず。
みなこれ親鸞氏の力なり

江戸時代中期の儒学者・太宰春台が『聖学問答』の中で真宗門徒の姿勢をこのように表現してあります。大切な二度とない人生を 占いや呪術・迷信に振り回されることなく、いのちいっぱい生き抜いていけるのが、浄土真宗門徒のバリア・フリー・ウェイ(無碍の一道)です。

言の葉(もくじへ)