言  の  葉

世の中は
「こそ」二文字の
つけどころ
おさまるも「こそ」
みだれるも「こそ」

な、なんという ヤヤコシイ歌でしょ。
でも、この意味は うなづかされるばかりです。

ヒントは この歌↓

こそこその
こそはこちらの
ものならず

こそはあちらの
こそにこそあれ

何? 余計にわからない? そんなお方は、ひらがな法話「風が吹けばこそ」へどうぞ…。

言の葉(もくじへ)