言  の  葉

アミダさま

僕が僕であることを
認めてくれて ありがとう

そのままでいい、と
いわれて

このままではいけない、
と思うようになった

(富山県 善巧寺 のご住職 雪山俊隆様の言葉)

そうでした。
アミダさまは、私に、
立派になれ、善いことをしなさい、とは おっしゃらない。

なかなか 立派な人には なれません。善いことも できません…
そんな「わが身を知れよ…」といわれます。

だから、「そのままでいい」と。
でも、いつしか その言葉に甘えていました。

「そのままでいい」と認めてくださるアミダさまの願いを聞けばこそ、
「このままでは いけない」と 力強く 生きぬくことがことができるのです。

言の葉(もくじへ)