言  の  葉

辛いという 字がある
もう少しで

幸せに なれそうな字である

       星野富弘 花の詩画集
      「速さのちがう時計」より

この言葉の前に、
「幸せという花があるとすれば、その花のつぼみのようなものだろうか」
ありました。

言の葉(もくじへ)