天邪鬼(あまのじゃく)といえば、「仏教では人間の煩悩を表す象徴として、四天王や執金剛神に踏みつけられている悪鬼、また…」(Wikipedia)とあります。

ちなみに、京都・西本願寺御影堂前の雨水を受ける天水桶を下から四方で支えている天邪鬼の姿は、知る人ぞ知るところです。

この度、お取次(法話)のご縁を賜りました 広島市西法寺さまには、お内陣の須弥壇の中央部エビ束の部分に 一対の天邪鬼の彫刻がありました。

ご法話を終えて、余間からご本尊さまにお礼をしていましたら、ちょうど目の高さに天邪鬼。

わたしの知る限りですが、他では見たことがありません。
”レアもの”ということで、パチリ(珍しくないですか?)