今年もまた親鸞聖人報恩講をお迎えいたします。
西楽寺は、大永元(1521)年に浄土真宗に改宗していますので、当初から年に一度の報恩講は厳修されていただろう…とすれば、

2019-1521+1=499 

この度は 499回目の西楽寺報恩講となります。


その間に住職は18代。連綿と伝えらて来たお念仏相続の歩みのなかにわが身を置き、み教えを確かに受け取り、次代に伝えてゆくことを心しておつとめさせていただきます。