言  の  葉

田があれば 田に悩み、家があれば 家に悩む。
牛馬などの家畜や、金銭・財産・衣食・家財道具…、
さては使用人にいたるまで、
あればあるにつけて 憂いはつきない。
… … … … … …
また、田がなければ 田をほしいと悩み、
家がなければ 家がほしいと悩む。
牛馬などの家畜や、金銭・財産・衣食・家財道具…、
さては使用人にいたるまで、
なければ ないにつけて、また それらをほしいと思いむ。

たまたま、ひとつが得られると、他のひとつが欠け、
これがあれば あれがない というありさまで、
つまりは、すべてを取りそろえたいと思う。

そうして、やっと これらのものが みなそろったと思っても、
それは ほんの束の間で、すぐにまた 消え失せてしまう。
                                       (仏説無量寿経)

 

西本願寺刊 「浄土真宗 聖典ー勤行集 」にある<まことのことば>にある 仏説無量寿経の現代訳です。
ある法事の席で 拝読したら、若い(?)方が、「うまいこと 言うなぁ」と 思わず 口にされました。
そりゃぁ、「うまい」ですよ。お釈迦さまの真実の言葉ですもの。

言の葉(もくじへ)