日日あらたに 人生ナビ バリアフリーウェイ 縁の輪 西楽寺 imacocoHOME
無碍の一道 ひらがな法話 仏事のイロハ 住職ノート Web類聚抄


浄土真宗

pt_bfrw.gif

(無碍の一道)

 

 

このページは
 人生ナビ「 日日あらたに」
のコンテンツです。
ha_logo.gif
上のバナーをクリックすれば
トップページが開きます
(画面左上部にこのバナーが表示)


浄土真宗
    pt_bfrw.gif   (無碍の一道)

 

この私が、この私のまま、いのちいっぱい生き抜くことができる道
それが、お念仏(南無阿弥陀仏)の道です
親鸞さまは、それを無碍(むげ)の一道と言われました

 

バリア・フリー・ウェイ
 
「バリアフリー」とは、

英語の「バリア(障壁)」と「フリー(自由な・~からのがれる)」を一緒にした言葉で、 障壁となるものを取り除き生活しやすくすることを意味します。

もともとは建築用語として登場し、建物内の段差の解消など、物理的な障壁の除去と いう意味合いが強い言葉ですが、最近ではより広い意味で用いられるようになっています。


『歎異抄』という書物(親鸞さまの教えを弟子の唯円が、書き留めたといわれる)に

          「念仏者は無碍の一道なり」


 という言葉があります。

この 無碍の一道 を、日日あらたにでは バリア・フリー・ウェイ と言い替えさせていただきました。

無碍 とは、無礙とも書いて、「むげ」と読みます。碍(礙)は、「さまたげ」、「へだてる」という意味ですから無碍とは、「妨げられない」、「障りがない」、「邪魔されない」、つまり バリア・フリー ということになります。

阿弥陀さまは、何ものにも妨げられることも、邪魔されることもなく、この私を照らし,導いて下さいます。(=バリア・フリー)

そして、その光明に照らされた念仏者は、日柄や方角が悪いとか良いとなどという 迷信などに振り回されて自らの人生を狭めることもありません。 (=バリア・フリー)

たから、どんなことに(病気・災難…)にであっても、そこから逃げることなく、前を向いて引き受けることができるのです(つまり、邪魔にならない=バリア・フリー)。

そしてそれは、つまづいた石を無駄にすることなく、その石を踏み台にして、一段上に進むことができるような生き方(一道=ウェイ)です。

こんなふうに、人生をいのちいっぱい、広い世界に生き抜くことができるのが、お念仏の道です。それを  『歎異抄』には、無碍の一道とあり、この「日日あらたに」では バリア・フリー・ウェイと 言っているのです。
ログイン