日日あらたに 人生ナビ バリアフリーウェイ 縁の輪 西楽寺 imacocoHOME
人生の現在地 言の葉 人生(たび)の栞 反対の法則 スッタ・問答 今日が誕生日の方
pt_nabi.gif

 

このページは
 人生ナビ「 日日あらたに」
のコンテンツです。
ha_logo.gif
上のバナーをクリックすれば
トップページが開きます
(画面左上部にこのバナーが表示)
     
  
cake.gif お誕生日

ありがとうございます
cake.gif
  



えっ?誕生日は

ありがとうでなくて、おめでとうでしょ、って?

いいえ、誕生日には「ありがとう」です。

なぜなら、誕生日は私が生れた日ではありません
それは、お母さんが私を生んでくださった日ですもの。

実際、私は一人で(自分の力で)生れてきたのではありません。

そのいのちが宿った日から出産までの間、およそ10ヶ月という間、
個人差はあっても
ツワリを耐え、冷やさぬように、転ばぬようにと、
たくさんの心配を母親にかけました。


その上に、あの陣痛があります。それは昔から
「障子の桟(さん)が見えなくなる」ほどの痛み

だと言われます。

もし、男性が陣痛を体験したならば、
とても耐えきれず気絶してしまうと聞いたことがあります。


こんなふうに、
お母さんが命がけで私を生んでくださった日が、誕生日です。
いいかえれば、わたしがお母さんに「いちばん迷惑・難儀をかけた日」です。

ですから、「おめでとう」ではなく、「ありがとう」なのです。

考えてみれば、母親というものは、
自分に迷惑をかけた張本人に向かって、

「よく、大きくなったね。」と祝ってくれるのですから、
有難いものですね。


そういえば、
あの水戸黄門さまといわれる徳川光圀さんも、

誕生日は「母、難渋の日」
ということで、親のご苦労を偲んで、
自分の誕生日には、梅干しとお粥で過ごしたといいます。

これも、誕生日ありがとうです。

さて、
この世に私を生んでくれたのが母親ならば、
この生命終わるとき、

お浄土(仏の国)へ生んで下さるのは、阿弥陀さまです。
命日は、お浄土への誕生日です。

怒り・ねたみ・欲望いっぱいの私を、
お浄土に生まれ(往生)させるためには、

10ヶ月どころのご苦労ではないでしょう。

ツワリも大変なことでしょう。

どれほどの陣痛をなさることでしょう。
(お経には、「五劫思惟」・「兆載永劫修行」などとあります)

にもかかわらず、
阿弥陀さまは、わたしのことをいつも心配して、

大切に生きよ、確かに育っておくれよと
見守っていてくださいます。

どうです、今年の誕生日には
    「おかあさん、ありがとう」と言ってみませんか?

もちろん、「阿弥陀さま、ありがとう」の心は
   「ナモアミダブツ・南無阿弥陀仏」です。


誕生日 ありがとう

誕生月には、西楽寺のご法座へ…!

いいこと いっぱい!

ログイン