宗派は異なりますが、仏教会のご縁で町内にある浄土宗西念寺さまの晋山式にお参りさせていただきました。

緊張感と満ちた厳粛な法要の中、新住職さまの無言無音の作法は、平素の浄土真宗の儀式とことなり、とても新鮮な感動を覚えました。

代々、地域・地元とのつながりを大切にされているお寺さまだからでしょう、檀家・宗派を超えてのたくさんの参詣があり、有難いお慶びのご縁でした。


私たちの宗派でいうところの、いわるゆ「新住職継承
法要」ではなく、あくまで住職継承の「式」と「披露宴」のような感じで、こういう勤め方もあるのかと思いました。

気楽な第三者目線で臨めましたので、これからのお寺のあり方に向けて、門徒(檀家)、宗派を枠を超えて地域とともに歩むためのいろんな示唆と刺激もいただきました。

ともあれ、若い新住職とご夫人の姿を拝して、私と坊守が西楽寺を継がせていただいた30年前を思い出してワクワク、トキめいた一日でした。

前ご住職夫妻さま、長い間お疲れさまでした。
新住職ご夫妻さま、どうぞよろしくお願いします