その土地、その地域ごとに いろんなお寺があって、ご縁を頂く度にさまざまなシゲキをいただきます。

昨日と今日はその土地柄ではなく、私の浄土真宗( 西本願寺)とは、派が異なる真宗佛光寺派の お寺さまに永代経 降誕会法要のご縁をいただきました。

お内陣ご本尊向かって左側の脇壇には 蓮如上人ではな
く、同派中興の祖 了源上人の御影が厨子に安置されています。
輪灯や三具足(燭台・香炉・花瓶)の形も違いますし、
もちろん、演台の上には御文章箱もありません。
同じ正信偈でも 節が全く異なって、とても すぐに一緒におつとめはできません。
南無も「なも」ではなく、「なむ」です。
(南無を「なも」と読むのは 本願寺派だけと聞いています)

それでも、同じ親鸞聖人のみ教えをいただくわけですから、別段 普段とお取次の内容を変えることは
ありません。
お参りの門徒さまも、 同じように温かくうなづいて聞いて下さいました。

夜にはご住職さまより、派外の視点から見た本願寺派を聞かせて頂き、とても新鮮でした。これまた、シゲキ的なご勝縁を有難うございました