日日あらたに 人生ナビ バリアフリーウェイ 縁の輪 西楽寺 imacocoHOME
リンク集 ゲストブック ホントのロバの耳 料簡法意 放言御免 アルバム

pt_link.gif

 
 

 

 

このページは
 人生ナビ「 日日あらたに」
のコンテンツです。
ha_logo.gif
上のバナーをクリックすれば
トップページが開きます
(画面左上部にこのバナーが表示)
  
   もしも、ご門徒がフリーエージェント (FA)宣言をしたら…

 

フリーエージェント(略してFA)とは、日本のプロ野球でいえば、

「規定の在籍年数を経過すれば、所属チームとの契約を解消し、

他チームと自由に契約を結ぶことができる」

ということ。(参考:ウィキペディア

そして、その権利を行使することを表明するのがFA宣言



考えてみれば、ご門徒は、江戸時代の寺請制度に始まる檀家制度以来、

所属するお寺を替えることもなく、長期間にわたって同じお寺とご縁を

結んでこられたのだ。

 

つまり、「在籍年数」は もう十分 FA資格を満たしているのである。

そこでFA宣言。
「どこのお寺の門徒になろうかな~」と言われたら、どうだろう?

 

もう一度、門徒としてこのお寺(西楽寺)を選んで下さるか。

門徒制度に甘えて、応対がおろそかになってはいないか。

 

ご門徒がFA宣言されたなら、 お寺として教化・活動の在り方を問わ

ずには おれないだろう。(もちろん、門徒としての代々のご縁はとても

有難いものであり、それを否定するつもりはない)

 

     お寺の法座への参詣が少なくなっった。

     過疎で門徒が激減して困ったものだ 

     若い世代は、お寺に対する意識が低いから難しい…

 

口先だけで嘆くのなら、何も変わらない。

 

そこに現実を見据えた「危機意識」があれば、次の動きとして

お寺の「企業努力」は自ずから生まれてくる。

 

ということで、僕自身が危機意識をわすれないように

自分に問いかけるー。

 

 

もしも、ご門徒がフリーエージェント (FA)宣言をしたら…。

 

 

 

※「危機意識と企業努力」については放言御免 「う」でも書いています。

 


ログイン